葬儀

"家族葬でも高いかも?"葬儀でありがちの落とし穴

投稿日:

☆総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

※YAHOOニュースより

こちらの記事を見て、やはりどこでもあることなんだなと改めて感じました。葬儀社も基本的には「お金をいただいて、サービスを提供する」ので、お金をできるだけ「いただけるように」動くものです。

それは自分たちの給料につながるからですね。しかし、この手のトラブルに見舞われる人がいることも確かです。

注意すべきは、<ちゃんと打ち合わせをしているかどうか>知己の葬儀社に話を聞いてみると、

「大事な人が亡くなってしまい、落ち込む気持ちはわかる。しかし、それでもどのように葬儀を取り行うかの段取りはどうしても必要。全部カットしてしまうなら、そもそも葬儀なんてできない。かといってよくある<お金がないので、家族葬で。後はおまかせします。>がとても困る。」というお話です。

実際、家族葬とはいえ<このくらい>という範囲は地域や、宗教などでもだいぶ異なります。

"家族葬でも高いかも?"というのは、YAHOOニュースの記事でも書かれているとおり事前にどれだけやり取りができているのかでかなり変わってくるのです。

ここで葬儀社の立ち位置としても、好き好んで「詐欺まがい」の行動を行いたいわけではないのです。なにせ、中には支払えないので破産しました。などという方もいらっしゃるのですが、破産したが最後料金は一切回収できないのです。

結果ただのマイナスになってしまう。

できるだけ、終活を利用し付き合っていける葬儀社さんをしっかりと探しましょう。

できることをできるだけやっていくことが、自身と家族を守る方法です。

-葬儀

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.