相続

”相続税の申告" 初心者~プロ|あなたの不明点速攻で完全解決!

投稿日:

"相続税の申告”
まぽさんによる写真ACからの写真

"相続税の申告"はどのようにすればよいのでしょうか。自身で行うよ、という方も中にはいらっしゃることでしょう。しかし、見落としがちな落とし穴もある自己流でどこまでフォローできるものでしょうか?最適案・おすすめについても最後にお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも"相続税"とはそもそもどういったもの?

相続税とは?
ヒロリーナさんによる写真ACからの写真

相続税とは、相続もしくは遺言において遺産を継承することになる状況で、遺産合計金額の総額が大き過ぎると発生する税のことをいいます。

相続税の適用、非適用

相続税(相続に掛かる税)というものは、被相続人(亡くなられた人)の遺産(相続資産)を後継として引き継がれたケースや、遺言により遺産を継承した時に、当該の遺産合計となってしまう総額が多い場合だと払うことになる税と位置付けて、相続税は遺産がこれからあげる合計金額よりも高額の時に額に適応する相続税の割合が使用されるのです。

仮に、これから書くお見立てにおける総計を上回らないのであれば、相続税の申告そのものが求められることなく、納税であっても不要なのです。

法定相続人の基礎控除額

法定相続人の人数基礎控除額
1人¥36,000,000-
2人¥42,000,000-
3人¥48,000,000-

相続税の基礎控除額より多い金額であるといった様なケースでは、言うまでも無く相続税の申告の必要が生じます。したがって、相続税に対しての対処が無視できません。因みに相続税の最大税率は55%だそうです。

遺産の中に不動産を持っていて、ある程度の査定金額が付くといったようなケースになると、相続財産になってしまう貯蓄資産で相続税を支払いできず、相続人ご自身のお金で支払うことになってしまうということがあります。他にも、銀行で借金を行なったり、不動産を売り払ってお金を支払わなければ駄目なケースがあります。

ここ数年、相続税の物納は現実に行う実務的にほとんどの場合用いられてはいないようです。不動産の査定額が高い金額で貯蓄資産だけどこにもないなどという時もあるとのこと。そういった場合には早い内に相続税率、相続税額を理解して、どのような方法で納税出来るのかを検討してみることが重要になります。

相続税の納付方法

相続税は現金一括払いで納付することになります。締切り日は、申告締切同様に、相続のスタートを認識した日(被相続者が仏様になってしまった事実を認識した日)の1日後から10ヶ月の内にです。

納税は税務署に加えて銀行などや郵便局の受付窓口であっても行なえます。締切り日に至るまでに納め足りていなかった際は利子に相当する延滞税が掛かりますから注意が必要です。

相続税も現金で一気に支払うことが大原則ですが、特殊な納税手法という形で延納物納制度が存在します。(前述のとおり、あまり使われなくなっておりますが。)

  • 延納 : 延納は、期日間の現金一回払いができない時は、相続税を分けて支払うやり方
  • 物納 : 延納でも相続税を捻出できないケースでは、相続財産とされる不動産などにおいて納期日に至るまでに支払うやり方

基礎控除とは

相続税の基礎控除
Green Planetさんによる写真ACからの写真

基礎控除というのは一般的なところで、所得税等に対しても設けられているもので、「アルバイト代金が103万円をオーバーすると、所得税が発生。支払いをしなければいけなくなる」などといった際の103万円という様なものであると考えて貰えれば間違いないでしょう。※あくまで例えですが。

相続税に関しても、基礎控除を上回れば相続税が必要になり、基礎控除の額面の範囲内であるならば相続税が要らないという考え方が原則です。

基礎控除の計算式

基礎控除となる金額の算出方法は下記となります。

3000万円 + 法定相続人の人数 × 600万円

 相続人としてチェックされているというものは原則的に「法定相続人」だけだと言えます。そういう理由で、遺言書の為に家の人以外の誰かがお金を受け取ったといった様なケースだと(遺贈)、基礎控除合計額は上がりません

相続放棄すれば基礎控除額が変わる?

被相続者に大きい金額の借り入れ金があったり、親戚・縁者と疎遠で相続バトルに巻き込まれたくないので、というような理由で相続者が相続放棄をしてしまうの可能性もあります。

相続放棄を行なうと、対象者は最初から相続者じゃなかったものと見なされて片付けられることになりますが、上記で述べたことから基礎控除の額面は法定相続人の本来の頭数に影響されます。

それでは、相続者の中の1人あるいは何人かが相続放棄をしたのなら、基礎控除の額は減るのではないでしょうか?

解答は「」です。相続者の中に相続放棄を行った人がいたところで、基礎控除の額面は影響されません

その理由は、相続放棄は相続者当人が希望の考えで実施できることから、一方的に相続者が相続放棄をしたことによって、違った相続者が損失を被ってしまう事はフェアじゃない為だと言えます。

なので、相続放棄を行った誰かがいたとしても、その相続放棄はそもそも意見としてでてこなかったという形で取り扱うことで基礎控除総額をジャッジすることとなるようです。

独力で対処する際の落とし穴

独力の落とし穴
bBearさんによる写真ACからの写真

ここまでで、簡単かつ超基本的な部分についてまとめさせていただきました。ここからは、自己流の落とし穴について情報をまとめていきます。前述の一覧は本当に氷山の一角の更に端のほうだとお考えください。

エキスパートに委任しようとしない、「自分独自のやり方」の危険性

ここまでくると、最適案というものがどういったものなのかは大体わかると思います。しかし、具体的にどういった落とし穴があるものなのか。認識しておけばより必要性を理解していただけると思います。

① 相続税を軽減する特別な条例や法令は一年毎に改正されてしまう

相続税のメジャーな考え方を手に入れるということは、それほどまで困難ではありません。 本屋さんに相続税について書かれたテキストや雑誌が多種多様にズラリと並んでおりますし、いろんなところで金融機関が開催する相続関連のゼミが催されております。

大体の相続税の金額や、相続税の準備の為のポイントとなるところ等に於いても、それ相応の事例が見分けられると想定できます。近頃では、自前の現金を注力すれば納税金額を割り出してくれるでしょうコンピュータ端末のパッケージソフトあたりも売られています。

けれども、そうやって手にした理解をもとに自らが相続税対策法を行ってしまうということは、ひとまず困難なものであるとお考え下さい。往々にして、テキストや専門誌、ネットを介して認識した理解をもとに自身の判断で相続税対処にトライする方がいらっしゃるようです。

こういった方の言い分を聞いてみるとと、「税理士にお願いする費用をカットしたい」という以上に、相続税をリサーチするにつれて「自分自身でも可能な様な気分になってくる」んだそうです。 そう言われると、課税財産をひっくるめて申告するだけであるならば、テキストや専門誌の見識を合算しておくことで出来るかも知れません。

けれども、現実的な相続税対処というと、そのからくりがシビアであることが認識できると断言できます。 相続税を減額する特例や法令は、1年ごとにキッチリと改修・変更されています。

「小さい規模の宅地等の異例」などというような、一般的な方が知らず知らずのうちにマニアックな変更を何回も続けていますから、修正の見られる毎に調べ直さないとダメなんです。

② エキスパートのアイディア抜きで相続税対処にトライすることのハイリスク

課税財産の査定を縮小させ、相続税を安く押えるということができたとしてもその他の税金がアップしてしまうことだって発生してしまう恐れがあります。だからこそ、エキスパートのアイディア抜きにことを成すことは無理があるのです。

現実に、エキスパートとこれっぽっちも対話せず「Aの方法を実行すれば相続税合計額が〇〇円低減する」と相続税対処を執り行ったと言うのに、「予想外の部分が要因となってちっとも金額をカットすることが叶わなかった」「Aを行なったのだけれど、税務署に拒否されてしまいました」といった意見を事あるごとに耳にしたりします。 そんなミスの中でよく耳にされるものが、生前贈与です。

生前贈与には、1年間で110万円の基礎控除枠が規定されています。これに伴い相続人である子どもさんや孫名の口座を作って、毎年110万円ずつ振り込む方が割と見られます。このようにすることで、5年なら550万円、10年なら1100万円の贈与が無税で可能だと考えているのです。

ところがどっこい、ここの部分には陥ることの多いトラップが存在しています

被相続者が相続人の銀行口座に振込みし続けても、相続人が贈与に関して認識していないと贈与は成り立ちません。相続人となっている子や孫がまだ幼かったり、20歳になっていても口座が存在する事を把握していなかったりした場合、贈与というものは不可能なのです。

被相続人のみが通帳やハンコを管理下に置いていて資金に於いても自在に引き出し可能なそのような状況だと、どこまでも課税逃れを行うためだけに絞った工作と判断されて否認されたとしても文句は言えません。

民法だと「あなたに〇〇をお譲りします」「ええ、いただけます」といったおのおのの意見の合致があるのなら、文章に定められていない場合でも贈与はうまく行く様になっているのです。しかしながら税法ではこのように確信がない事は熟考せずに承認することはできません。

確信がないのに贈与を法の下で了承してしまうことになると、時をさかのぼってどれだけでも贈与したと主張してしまえばまかり通ってしまうということになります。それはだめですよね。 けれども、法律や相続に詳しくなんてない一般の人は「贈与の気持ちで貯蓄してあったわけなので、贈与と受け入れられるに違いない」と思い込んでしまうそうです。

③贈与契約書や確立年月日等を利用して贈与の裏付けを作成するなどの"アイディア"が生まれない

贈与をきっちりと上手くいかせるためには、贈与されるサイドとしてもその旨を承知し、ご自身の氏名を使って申告するということがポイントであるとしっておりますし、その部分からより以上に贈与した証拠を作成する手法を認識しています。

そのやり方の一例が、1年毎に111万円刻みで振り込むことが大事です。基礎控除110万円を1万円分だけ越えて贈与し、贈与税の申告を実行すれば、超えた1万円にのみ課税されているので、1万円×10%=1000円のみを納税するわけです。

1000円だとしても税金を払い込んだ記載が残留することで、10回の贈与で1100万円を贈与を行なったことが疑問視されることはありません。 そのうえで、贈与契約書を取り交わしておく必要があります。

と言えども、公正証書を作る必要はございません。被相続人と相続人の中で書類を作って、両者が印鑑を押した形式である場合は効力が存在します。 それ以外に、確定日付をつくったら確実です。

確定日付とは、その日の内にその証書(文書)が存在してあった事を表わすものなのです。被相続人と相続人のあいだで贈与契約書を作り上げて、郵便局に持ちこんでいき消印を押印して貰います。

このようにやれば「この契約書を創った年月日を裏打ちする」証拠となるため、「さかのぼって契約書を仕立て上げたのではないか?」と疑念を抱かれることもないのです。確定日付は、公正証書よりエネルギーもかからないでお手頃価格で実行でき、書類の形式としてもとりわけ制限は存在しないようですので、把握しておくと効果的です

不動産の受け渡し等も譲渡代金だけに限られた応酬となってしまうため、「言った」「言わない」においてめんどうなことに陥ることがほとんどです。このような時も確定日付を入手しておくと、契約書の効力を保障できて、問題を回避することができます。

そのような確定日付という様な手法は、慣れっこになっているエキスパートで無い限り分からないものと言えます。一般的な方は当然、実績の少ない税理士であればアイディアが出ないことが想定されます。

しかし相続税対策のいたるところで、こういった細部に向けての効果のあるやり方が絶対必要です。

"相続税の申告"に強い税理士を選ぶこと

"相続税の申告"に強い税理士
bBearさんによる写真ACからの写真

これが、最適案であり相続について勉強している方々が最終的にとるべき手段です。しかし、税理士とはいえ専門が異なることをご存じでしょうか。お店に関わる商売事に強い税理士がいれば、相続の関連事を最初から最後までしっかりと面倒を見ることができる税理士もいます。

ここで、選び間違えると行うべき内容である「不動産の現場査定を行うことをそもそも知らない税理士」や、「相続税の税務調査用に"故人の通帳を見せてもらう"ことすらしない税理士」に当たってしまう恐れがあります。

中には、相談をしていた先生本人は相談している時だけ。いざ担当をという段階で、別の人間に変わっているなどという話もあります。

わからないから助けてほしくてお願いしているというのに、「わからないから何をしてもこれが決まりだといえば文句のいいようがないだろう」と最悪な考え方をする税理士がいるということも実際の起こっている現実です。

相続税申告での信頼できる税理士選び

↑↑↑

相続に強く、かつ報酬も安価であることよりおすすめの税理士紹介のサイトです。まずはここで、悩みの相談及び信頼できる税理士を探しましょう。相続税の申告はもちろん、相続そのものにまつわるプラスからマイナスまであらゆる面においてすぐに知識をアイディアとして活用できるエキスパートにお願いすることは何も恥ではありません。

餅は餅屋です。もちろん、自身や家族のことですから税理士にお願いするとしても自己防衛やこれからの為にも相続については研究を続けるべきでしょう。そのうえで誤ってしまう可能性を少しでも減らすことが、安心への第一歩なのではないでしょうか。

まずは一度、相談をしてみてください。決めるのはそれからでも遅くはありません。

こちらも是非読んでください!

-相続

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.