相続

"相続の割合"そして割振について

更新日:

"相続の割合"といえば、受け取る側が誰にどれだけ割り振られるのかといった点は気になるポイントですよね。割合は基本的には法律で決まっているので、”法的効力のある遺言書”などがない場合には法律で決められている割合で分けられることになります。これを法定相続分といいます。

"相続の割合"
相続は受け取れる割合が法律で決められています。

法定相続分の中身は?

さて、それでは誰がどれだけ相続として受け取ることになるのか。受け取る側に当たる方は順番が下記のように決まっています。

1)配偶者    相続分50%

2)子供・孫(直系) 相続分50% ÷ 人数

3)父母 (直系)  2)がいない場合 

4)兄弟姉妹  2)3)がいない場合

これらは、存命でない人が前の順番にいるときは次の人に割り振られるという順番になっています。子供がいる場合には、孫は割り振らる側には入りません。また、配偶者は必ず法定相続人に当たるのですが、これが配偶者:父母という形になる場合にはまた割合が変わります。

状況によって内容は変わってきます。上記に該当する立ち位置にいる方で、上位の人がおらず気になるという方や、家族の争いの種になるのではと心配な方は早めに税理士へ相談してください。

相続を整理しておくことが大事になる理由

例えば近年よく取り上げられれては、問題になっている”認知症”などはよい例です。銀行に”認知症になっている”と判断された場合、その人の口座が凍結されてしまう恐れがあることをご存じでしょうか。また、そういった対策のために”後見人”をつけるという制度があります。

後見人に家族がなればよい?

このように思われる方もいらっしゃいます。7割以上が実は専門家ばかりです。順番としての例を挙げると、銀行の定期預金を解約→本人の手続きが必要→本人が認知症→銀行から”後見人をつけてください”と言われる。という流れですね。

この手の、必要に迫られて後見人を付けざるを得ない状況になってしまった場合怖いのがその報酬です。報酬については法定で決まっているわけでもなく、あくまで各専門家ごとに変わってくるものです。

必要に迫られてしまう状況で、選り好みできなければ”報酬が高いな”と感じても、その専門家と契約せざるを得なくもなりかねませんよね。

ですので、なるべくは事前にその相場と相談のできる信頼できる専門家を探しておく必要があります。特段詐欺にあうわけではありませんので、いろいろと相談して回ってみるのも手ではありますが、まずは当サイトでおすすめしている税理士さんに相談してみてはいかがでしょう。

相続及び遺産に関わる部分はその時では遅いかも

できることを早めにやっておく、知っておくだけで劇的に変わる話でもあるのが、相続であり遺産です。放っておいてあとで追いつめられるくらいなら余裕のあるうちに動くことをおすすめします。

動いてみてください。ほんの少しだけ動いてみることで、本当に憂いはなくなっていきます。

-相続

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.