終活

"認知症を予防するサプリ"おすすめ5選と認知症お困り事例集

更新日:

"認知症を予防するサプリ"
akizouさんによる写真ACからの写真

"認知症を予防するサプリ"とは?

"認知症を予防するサプリ"02
オレンジ星さんによる写真ACからの写真

読んで字のごとく。"認知症を予防するサプリ"そのもののことですね。認知症を治す薬は残念ながら開発されてはいない現代。対策として打てる手としては、事前だって"予防"するしかありません。では、予防するサプリなどというものであれば、本当に存在するのでしょうか?

結論。結構あるようです。

青魚で有名な不飽和脂肪酸のDHAをはじめとする有効成分を固めて、摂取することで、5人に1人がなってしまうという現況を改善することが可能(※治療ができるということではありません。)とのこと。ほかにもこういった有効成分をうまく組み合わせることで予防に有効なサプリメントの開発が進んできたようです。

実際のところは、お薬ではない以上「効果が"絶対に出る"」ことを約束できるものではないらしいのですが割と好評なものが多いようですね。

本来は、脳の働きを活発にしたいと考える受験生や忙しい社会人の方のほうが利用していたサプリメントもあるようです。

本来は終活そのものについて取り上げているこのサイトではありますが、避けては通れない「認知症」の対策まとめを書いてみました。

多様にある中で、非常に有用と言える5つのサプリメントをご紹介します。


☆毎日スッキリ!を応援する認知サプリ

「フェルラ酸」「ホスファチジルセリン」といった成分と、 脳内の血の流れを良くしてくれる「ビンカマイナー」といった成分が配合されていて、さらには頭の回転を欲する受験生にも極めて人気のある「DHA」などといったような脳内活動のサポート成分を配合しているサプリメント。

血液の流れをサポートしつつ、脳内の働きも併せて活性化させる点に着目した認知症対策のサプリメントです。


☆いつまでも、冴えて、ひらめく人生を。アルツブロック【初回無料】

記憶を維持する力にとても有効な、特許の成分をたっぷりと含んだ16種類を配合して作られたオールマイティーな認知症対策サプリメント。 ホスファチジルセリン(PS)フェルラ酸に加えてイチョウ葉エキスDHA・EPA、さらに大豆の有効成分レシチンといったような大人気の成分も含めて、さらに10種類も多加えた有用成分で一粒だけでまとめてフォローすることが可能なサプリメントです。

認知症対策をしっかり固めたい方や、高齢化にはつきもののうっかり忘れを気にする方にはオススメ。 配合している成分はなんと、すべて国産のものであり、製造機関もすべて国内のものだとのことです。 九州大学、近畿大学の医学部と協力したうえでの臨床試験を実施しており、中には一部の医療機関でも取り扱われているという、大変実績のあるサプリメントです。


☆家族の笑顔、忘れないでいたいから「プラズマローゲン18000」

大切な親に飲んでほしいサプリメントとして、閃くサプリ「プラズマローゲン18000クリルオイルプラス」を活用すれば、ほんの少しでも生活を楽しめるように効果がしっかりサポートしてくれます。高齢になった方のほとんどがなんでもないはずなのにパっとしないなぁを経験している要因、 なんとそれは、年齢の積み重ねとともに体の中の「プラズマローゲン」が減っていっているから。とのこと。

【プラズマローゲン?】 健やかな日々をサポートするナチュラル派生の成分です!。「プラズマローゲン18000」は日本産のホヤから抽出したプラズマローゲンを 1袋含有量として30,000μgも配合しています。


☆大切な思い出、ずっと忘れたくないあなたへ

自分の脳内老化が気になってしょうがない、近頃どうにも忘れっぽい。そもそも認知症なんてなりたくはない。そのように考える高齢の方向けのサプリメント。記憶力に強くかかわる栄養である、ホスファチジルセリンを摂取することでずっと健康を維持していくことに力強くチャレンジできます。

加齢に併せて、徐々に減少してきてしまうホスファチジルセリン。この有効成分の減少に伴って、 脳内の働きにおける記憶力低下が生活に表れてしまうと言われているようです。飲み始めればおよそ3ヶ月たったころには記憶力の向上が期待できるともいわれているホスファチジルセリン。年齢を重ねても、ずっと自分を保っていたい方にはオススメの「サポートメモリープレミアム」です。


☆メディアで話題沸騰。おだやかな毎日におすすめ!

ずっと昔から滋養のある食べ物であることより親しまれてきた、いろいろな良好な効能効果よりスーパーフードとして光輝いてきた山芋。 その山芋の中に含まれている成分「ジオスゲニン」『ジオフェルンZ』というサプリメントとして日々の暮らしをサポートします。 すっきりとしたいつもの暮らしへの有効性からも、高齢化が進む社会のスーパーアイテムとしても焦点が集まっています。 ジオスゲニンとは「若返りホルモン」などとも呼称されたりするDHEAと作りが似ており、口にしても安全安心に利用することができる代替の栄養分としても大変期待されるようになってきています。陸上選手としても有名なウサイン・ボルトの隠れた秘密であるとメディアでも一時期話題となっていました。

団塊の世代と言われる、いわゆる75歳以上である後期高齢者の2025年問題はご存じでしょうか。介護士及び介護人足らずになり、核家族化が招いてしまう「老老介護」または「介護離職」と言ったものは実はかなり厳しい社会問題として挙げられています。家族にかかる迷惑は最低限に抑えたいと考える親としての立場があれば、自分の親にはずっとずっと元気であってほしいと考える子の立場もあります。なおのこと、「転ばぬ先の杖」としてこのサプリメントを活用してみませんか。


認知症を予防することで防げる事例

認知症を予防することで防げる事例
笑い鬼さんによる写真ACからの写真

ここまでで、おすすめのサプリメントを5種見ていただけたかと思います。なぜ認知症の予防用のサプリメントを紹介したかといえば、これから挙げるような認知症になってしまうことによる弊害を事前に防止できるように各人動くべきであると考えたからです

事例1)興奮によりデイサービス利用者に対して暴言を吐く

デイサービス施設へと到着した際、他者を目にした途端に興奮し始め、暴言を吐き続けてしまうといった事例があります。この方は気性の浮き沈みが非常に大きくなっており、しんどそうな時には他者を目にしても特段反応があるわけではないこともあったりもしました。

しかし、残念ながらデイサービス施設は狭い空間の中で他者と触れ合うことはほぼ確実にあるため、その都度興奮状態になっては暴言を吐いてしまうといった状況が続いていたようです。あまりにも続く場合には、持ってきた甘味などを口にすることで落ち着くことがあったようなのですが、今度は体重が増えてしまい健康を害してしまう恐れがでてきたためそれも辞めざるを得なくなったとのことです。

結果的に若年性アルツハイマーであると診断が出たそうです。家族や職員の必死の介護で多少の対策を立てることができたとのことではありますが、結果該当者である本人の心の落ち着きを伺いつづけることになっているようです。

事例2)お金や家族に対する心配・不安から、不穏・不眠状態に陥ってしまう

別の方の事例です。施設へ入所し、自身のお金に関する心配の他、勤務する職員を見れば攻撃的な言葉を言うことがありました。

この言動については一時的な症状だったのですが、入所 して数年後から夜になってからの不穏な行動(徘徊など)の頻度が増えてきてしまいました。この症状については、さらに不眠であった日にも現れるようになったそうです。

不穏な行動をしている時、職員が話しかけ対応しようとするも職員の言葉は全く受け入れることなく、長時間ずっと出口を探したり、施設にはいない自分の子どもを探し続けるといったような傾向が表れていたそうです。

こういった不穏な状態については、お金に関する心配や家族への心配ごとまたは、様々な不安からきているものと考えられたようです。結果不安事については詳細を確認しながらの都度対応という形で納めていたとのこと。

事例3)軽度認知症における症状

ある方の日々の暮らしの様子についての変化から、軽度の認知症によるネガティブ思考による影響があると見られました。要因の1つとするもので、作動記憶機能の低調を見て取れたようです。作動記憶とは脳内における前頭葉が管理している機能となっており、感覚の機能器官より受けた外部情報を自身の持つ記憶と照らし合わせたり、もしくは情報精査しふるい分けたりするなど、知的動作を行う際に必須ともいえる情報を一時保管しておくなど、脳内の情報処理作業全般に関わってくる機能となっています。

 重要なポイントとして、作動記憶が行う新しい情報と持っている記憶の内容との照らし合わせる機能については、その行動により興味や好奇心といった前向きな行動への影響が強く表れるものであるとのこと。先にあげていた方は、作動記憶能力の機能低下が起こってしまったことにより、町の会合で長として意見を絞めにまとめたり、囲碁や将棋を行った際に戦略及び段取りを考えることも難しくなり、さらには一度目にして読み切ったはずの新聞の内容さえも記憶の1つに留めておくことなども困難になってしまったそうです。またそれと同時に友人たちのいる町内会への自発的な参加、日々楽しみとしていた囲碁や将棋といったものに対してすらも楽しみを覚えにくくなってしまっていったものと考えられたそうです。

日常における楽しみを覚えることもできず、また、マイナス意識をもたないように気分転換をしようとすることにより、新聞や雑誌などを読むことも避けるようになった結果、意欲の低下として問題が表面化したのである。こちらの方の生活ぶりからは、他の人との交流を行う活力や、それらにおける役割が自身の脳内を刺激するよい働きになっていたようです。

作動記憶機能の低調から他の人との会話などにも楽しみを覚えることができず、脳内刺激を行うこととなるチャンスが減ってしまったことは、この方の生きがいがなくなってしまったともいえたことなのでしょう。

事例4)物の取り込み、水分摂取、尿失禁

こちらの事例の該当者は施設へ入所したときから自室の枕元にしまってある洋服をきれいなものと汚いものと混ぜ込んでしまうなど、自身で丁寧にしまうなど管理をすることが困難な状況があったそうです。よくあったこととして服をなくしてしまったり、別の人の物を持ってきてしまうということもあったとのこと。このあたりが物を取り込んでしまうこの方の行動の一番初めでした。

今度は、室内に置いた共有のスペースから紙オムツ勝手に持ち出し隠すようになってしまい、他にも、食事時に利用するエプロンや、トイレのトイレットペーパー、さらにはキッチンのペーパータオルなど、紙類をやたらと多く持ち込んでしまう傾向があったそうです。

移動については問題なく歩行できるし、上半身下半身共に制限はなく健常のように見えているそうです。ごはんからトイレまでほぼ自立はしているのですが、排泄に関してだけは、尿失禁がよく表れてしまっているとのこと。トイレへ行かれますか?と施設職員が声かけを行うも、誘導する時には尿失禁がほぼ表れてしまう状態。軽度アルツハイマーの診断が出ているそうです。

改善の効果は出ても、完治はできない

以上の事例については、それぞれ施設の職員の方やご家族の協力からある程度の良い方向へ向かうという改善の兆しは見て取れたそうです。

しかし、やはりなってしまったが最後治療方法が確立されてはいない現代です。改善しても完治することはないのでしょう。すなわち、困ることがない状況などというものはほぼ存在することはないものとして考える他ありません。

事前だって、何をどうすべきなのかということを各人各位でよく考えておくべきなのではないでしょうか。

焼け石に水?サプリメントに頼るべきではない?

サプリメントに頼るべきではない?
Hadesさんによる写真ACからの写真

当然なってしまった後に、紹介したサプリメントをとることで改善へと向かうのかと言われたら、ほぼNOとしか言えません。もしかしたら効果はあるのかもわかりませんが、「予防」とうたっているものを認知症になってしまった後に摂取したとしてどうにかなるとは正直考えにくいものがあります。

認知症とは、歯でいうところの「虫歯」であり肉体ならば腰の「ヘルニア」のようなものと考えても差し支えないかもしれません。

ドラッグストアのサプリじゃだめなのか?

もちろんダメなどということはないでしょう。よくDHA・EPAのサプリメントなども販売されてますよね。血流の改善などにワンアクセントを求める際にはとても効果のある商品ばかりだと思います。

しかし、こと「認知症」についてはそれそのものを「予防」するためにしっかりとした成分が含ませて 作られたものを選択すべきです。血流の改善だけでどうにかできる症状ならばとっくの昔に治療薬は作られていることでしょう。

だからこそ、予防が大事なんですね。なってからでは遅いものと考えるべき重要な内容だと思います。

予防のためのサプリメント(健康食品)

現在認知症に対して処方される薬は、「進行を遅らせるもの」といったもののみのようです。頭のもやもや感などがなくなったという声が聞けるらしいですがやはり一度燃え始めてしまうと、消化することはできずにずっと種火が残ってしまうようですね。

ここまでくれば、どれだけ認知症の予防をするサプリメントが重要であるのかはご理解いただけると思います。

サプリメント5選のおさらい

☆毎日スッキリ!を応援する認知サプリ

☆いつまでも、冴えて、ひらめく人生を。アルツブロック【初回無料】

☆家族の笑顔、忘れないでいたいから「プラズマローゲン18000」

☆大切な思い出、ずっと忘れたくないあなたへ

☆メディアで話題沸騰。おだやかな毎日におすすめ!

このサイトは基本的には"終活"を軸とした、保険や相続、葬式についての豆知識についてお話をするサイトです。しかし、今回のこの認知症については、入り口段階で「どうにかしておくべき内容である」と考えたため、有用なサプリメントを調べご紹介しました。

入り口段階というのも、そもそも終活を行う際に必要なものは心の余裕を持ち、心の余裕を作るための活動を行う必要があるのです。そこで、終活の対象となるべき方がもしも「認知症」にすでになってしまっているとしたら、とてもではありませんが落ち着いて終活を行うことというのも簡単ではないお話なのではないでしょうか

馬鹿にせず、認知症に対する恐れと知識をしっかりともち対策を練っておくことは、各人の老後を考えてみれば非常に重要であるといえます。

是非ともこの機会に一度検討していただきたいものです。

-終活

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.