葬儀

"家族葬の費用"誤解で家族が苦しみます。

投稿日:

"家族葬の費用"
ばにぼんさんによるイラストACからのイラスト

"家族葬の費用"は見直しが必要

葬儀に関わる大まかな費用の内訳について、誤解だけがだいぶ根強く残っているようです。ここで何がどう必要で、どのくらい力を入れていくべきなのかということについて概要だけでも改めて認識しなおしていただければ幸いです。

一般的な葬儀もさることながら、やはり近年はやりの"家族葬"をベースにお話しすべきだと考えました。最近でもやはり、同様の一言をとあるお客様よりいただきましたが、「一般葬はせず、家族葬だからお金はかからないの。だから余計な(保険や共済)ものはいらないの」と奥様。
一般的にどれだけ費用が必要なのかということを、調べず考えず(面倒くさいのかなんなのかは不明ですが)まさに私が口を出したくなる一言をおっしゃてくれました。

費用内訳を洗いなおしましょう。

まず、葬儀にかかる費用として祭壇や祭具の必須の道具一式です。それらを並べる「場所」も当然必要ですので、これだけでもざっくり90万円近くはかかるものと認識しましょう。そして、お寺さんへのお布施、教会への感謝料なども相場は10万~100万とまさにぴんきり。そこに接待費用と称される「お食事代やお花代、そして香典返し費用」まで追加されてくれば、最低でも137万弱は視野に入れておかなければ、喪主に当たる方の負担は半端じゃなくなること間違いありません。

ざっくりお話しましたが、この概要だけでも認識してもらうだけで相互理解の深め方が天と地ほど異なります。

これでいいやと思っている部分があれば、一度見直してみていただくことをおすすめします。

-葬儀

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.