保険

"保険の見直し"のおすすめ。

更新日:

"保険の見直し"をおすすめさせていただきます。現在、見直しを検討される方がだいぶ増えてきました。気になる保険をチェックされる方もだいぶいらっしゃいます。しかし、まずは自身が加入している保険を知らないと見直しも何もありません。ポイントを抑えて事前チェックをすすめてみましょう。

車の事故には車両保険

"保険の見直し"まずは種類違いにご注意

特に多いのが、生命保険と入院保険の違いに気づかずにいることです。生命保険は、被保険者(保険金が発生する対象となる人)が亡くなることにより保険金が降りる保険。また入院保険は、被保険者が既定の入院日数を超えた段階で保険金が降りる保険です。

これらの違いが判っておらず、生命保険にしか加入していないのに入院したので保険金を出してほしいとお願いされる方がいます。ここで、支払うことが難しいほどの金額だった場合には目も当てられません。

保険金が出る”条件”にも注意

前述の保険違いについて、さらに重ねて注意があります。それは、保険金を出すことのできる条件です。極端な話ですが、生命保険の場合ほとんどが「自殺が原因の場合には、保険金が降りない」ということで共通しています。

また、健康告知審査というものがついていた場合に加入時”嘘の申告”をしていて、死亡時に実は”加入前から患っていた糖尿病が元となる心筋梗塞で亡くなった”ということになると、これまた保険金の支払い”対象外”ということになってしまいます。

保険の”待機期間”にも注意

保険には、中には”待期期間”というものがあります。この期間は、保険が適応とされるまでの期間であり、この期間内に何かあっても保険金はお支払いできません。という期間です。※中には条件が異なるものがあります。

厳密には、生命保険などがこの待期期間を設定していることが多いです。というかほぼ設定していると考えて差し支えはないでしょう。

特に「人が亡くなる」ことをキーとする生命保険は、条件がある程度厳しくなりがちです。健康な状態のうちに”万が一”を想定して準備しておくのが保険ですので、「数日後には亡くなる可能性が高い人」という方は入りづらいものになっています。

保険は必要になる時に入ることはできないもの

当然の話ではあるのですが、保険は「今お金が必要!」といった時にはもちろん入ることはできないものです。互助会や共済も同様ですが、「何かが起こる時に備えてみんなで少しずつお金を出し合って貯めておこうね!」というものです。

これまでお金を出してこなかった人が急に「ごめん、俺今お金が必要だからお前らの貯金からお金出してくれない!?」なんて言ってきても余程のお人よしでない限りはいいよなんて言いませんよね?

生命保険の大前提

最近の生命保険は若干条件が緩んでいる感もありますが、原則契約者本人が亡くなった場合の保険です。ちょくちょくある話が、”別居の母が亡くなった場合の生命保険を息子の私が契約者となって加入させたい”というもの。これは、葬儀のことなどを考えると当然とも考えられるのですが、別のベクトルでちょっと考えてみてください。

自分はお金に困っている。別居している母がいる。母が高齢でもし亡くなったらお金が降りてくる?という考え方をする人がもしいたとしたら。

そう、火曜サスペンスのような世界の話ですね。しかし、残念ながら絶対にありえない話でもないのです。ですので、保険会社サイドはある程度注意してみてくるものとなります。

保険はどんなものかよく理解しておくべき

もちろんその保険が、「自分の気になる部分」をいざという時にどうにかしてくれるという考えのもとにです。自分としてはどうでもよい部分などという保険であれば加入する必要はありません。しかし家族が気にする部分、自分でもおそらくあったほうがよいと考えられる部分、よく検討する必要があります。

家族間で、しっかりと気になるポイントをいくつか洗い出して紙に書き出してみることをまずはおすすめします。ある程度ざっくりポイントを書き出すことができたら、プロの保険プランナーに相談してみてください。

どんな保険があるのか知らないで、ネット検索などで半端に知った情報では損のほうが大きくなる恐れもあります。プロに相談してみれば最低限かつ最大限の保険がどれなのかも含め、相談にも乗ってくれます

保険は見直しが必要になるものがほとんどです。自身や家族の”必要”を今、検討してみるべきではないでしょうか。

-保険

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.