保険

"保険見直しのポイント"とは

投稿日:

"保険見直しのポイント"それはどこでしょうか。現在の毎月の保険料、いざという時の保証、付加サービスの有無重視する点は個々でかなり異なります。しかし、重視すべき点はあります。ここで頭の片隅に据えて置けるようにしておきましょう。

"保険見直しのポイント"
ふみたんさんによる写真ACからの写真

まずは保証と保険料のバランスを見よう

保険料をまず毎月いくら払っているでしょうか?保険も実は使わなければ解約時にお金が却ってくる積立型と、積立部分をカットしそもそもの保険料自体を安価に設定している掛捨型の2パターンあります。

ご自身の生活が、現状全く問題ないのであれば積立型での保険を考えておくべきでしょう。掛捨型の保険も月の負担がとても少なく優しく感じるものではありますが、「余裕がある時は自分でちゃんと貯めておいてね」というものです。

つい忘れてしまいがち、となってしまう人は積立型の保険で自動的に保証を確実に固めていくことをおすすめします。

また、いざという時の保険金がいくら出るのかという点も注意が必要です。毎月結構な金額を払ってはいるけれど、実は保険金の額はそこまで大きくないといった場合にはそれも"保険見直しのポイント"となります。

掛捨型の保険は損するだけ?

割と掛捨型は損してしまうものの代名詞として使われがちではあります。しかし、日々の負担が少なくすむことが多いという意味では"最低限の保証"を確保して動くことができるのです

保険というよりは、共済で利用されることが多いのですが結婚したてなど若いご家族向けの保険とも言えます。

ただし、前述でもいった通り毎月の負担を少なくする代わりに「後々必要になりそうな他の部分は自分で貯めてね」といった側面がありますので、理解して利用しないとやはり少々厳しくなってしまいます。

保険金の用途を理解しておくこと

近年"葬儀保険"という言葉も流行ってきていることをご存じでしょうか。この葬儀保険、どういったものかといえば基本的には「生命保険」とあまり変わらず、被保険者がお亡くなりになった際に保険金を出しますよというものです。

しかし、この葬儀保険の利点は「葬儀社←→保険会社」と連携がしっかりとれており、いざという時の葬式時点でダイレクトに保険金を葬儀用に充当できるという点がメリットとしてあげられます。

大事な人がお亡くなりになった時に、あれこれとやらなければならないことは一気に押し寄せてきます。しかし、驚きと悲しみにも襲われている最中にどれだけのことができるでしょうか?漏れが出てしまい、もらえるはずの保険金がもらえなかったなどという恐れが出てきてしまいます。

そのような不安を払拭してくれるのが、葬儀保険です。また、この葬儀保険は「葬式はお金がかかるもの、生活費用の"生命保険"を半分以上無くして生活できるのですか?あらかじめお葬式も視野に入れておきましょう」といった作りの保険になっています。

生活を守るための保険

保険は、生活を守るためにあります。入院保険は入院した時のため。車両保険は車で事故があった時のため、生命保険は一家の大黒柱がお亡くなりになった時にそのあとの生活費をしっかり確保するため。

そして葬儀保険は、小規模でもそれなりかかる葬式費用をしっかりと賄うためにあるものです。葬式をしっかりと行う理由は、自身のいる"人間社会"において横のつながりの皆さんにちゃんと挨拶を行い、これからの生活を助けてもらうためです。

もちろん、ご近所さんにお金の面で助けてもらうなどというものではありません。意識の問題なのです。ほんの少しのマナーにもあたる内容でもあるのですが、些細なことで人のつながりは強くも弱くもなります。

"世間体"など気にしなくてもよい?

よくドラマや小説で「世間体ばかり気にして情けない!」などという声を主役が叫んでいるのを耳にしたり目にしたりすることがありますが、本来であれば「気にして当然のもの」なのです。周り近所を大事にするなら避けては通れないものが"世間体"です。

昔ながらの考え方からくるものではありますが、結婚式は"家と家との新たなつながり"を表すものでした。ならばお葬式はどうでしょう?いなくなるのだから周りを気にする必要はないとお考えになるでしょうか?

恐らくはそんなことはないはずです。故人もきっかけとなり残る人とそれを見届ける周りの人とで、さらに絆は深まります。

何がどこまでいっても、最後は「人と人」であることが大事なポイントになるんですね。

使い道の洗い出し

保険は最終的には、「使い方次第」です。ただし、認識違いで使い方を洗い出したとしてもあまり役には立たないことでしょう。ご自身の親族や家族との会話や、専門の人との相談で適切な内容をしっかりと「洗い出す」ことが大事なのです。

保険の見直しのベストタイミングは、「思い立ったその日」です。まずは動いてみましょう。

保険のプロに相談するならこちら↓

紹介と口コミだけで広がった、ほけんのトータルプロフェッショナル

-保険

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.