終活

"お墓の種類"と終活

更新日:

"お墓の種類"はどんなものがあるか知っていますか?世界中で使われているお墓。当然、いつかは自分も使うことになるのだろうな。などと考えた方はいらっしゃるでしょうか?実はあまりいないのではと思います。それこそ、"終活"を始めようと考えた方が初めて想像する内容なのではないでしょうか。

"お墓の種類"とその費用
昔ながらのお墓も、今どきのお墓も様々。希望のお墓の費用はいくらかかるでしょう?

身近すぎて考えたことがあまりない、"お墓の種類"

お墓をじっくりと目に入れることが、私生活においてどれだけあるでしょうか。お盆の時やお彼岸の時くらいでしょうか。祖先や故人を大事にされているご家庭であれば、欠かさずお水をかけてあげたり手入れをされていたりしていますよね。

しかし、そもそも"お墓の種類"がどんなものがあるのか、考えたことがある方はあまりいないでしょう。宗教を変えること自体が少ない分余計にその機会はあまりないものです。

和型のお墓

昔ながらの長方形のお墓ですね。誰もが一番目にする機会の多い形です

かかる費用は、墓石そのものの石の種類や工賃にもよりますが100万~200万ほどが相場といわれています。

洋型のお墓

海外墓地及び、海外の公園などで見かける平面四角形の形です

こちらも和型のものと条件は同様ではありますが、わりと低めのコストで見積ることのできるお墓です。

オーダーメイドタイプのお墓

デザイン性に富んだ、オリジナルのお墓ですね。前述の墓石や工賃などといったコストにプラスして、デザインにかかる費用もあるため当然高額のものになります。

樹木を墓に見立てたもの

こちらに至っては、そもそも墓石を立てるものではありません。一般的には"樹木葬"と呼ばれるものです。基本的には「永代供養」となるため、誰かに任せなければならないということを考える必要のないものでもあります。身寄りがない方向けとして、近年大変注目されている供養の方法です。

かかる費用も少なくて済みます。30~90万円というある程度の目安があり、平均的には70万円ほどでお願いしている方が多いようです。

引き継ぐお墓?新しいお墓?

お墓も財産の一つです。昔ながらのお墓というものは財産として親から子へ当然引き継がれていくもの。その認識そのものはそのままで大丈夫です。いやでも引き継がれるものと考えておきましょう。※税なども絡みもあり、法的には厳密な見方で言えば、別のものでもありますが。(”非課税財産"

若干の違いがあるとすれば、民法897条においても" 祭祀財産を引き継ぐ祭祀承継者が決められる "とあり、相続者を決めることとは別にして、 祭祀承継者 も決める必要があるということですね。

引き継ぐ場合にかかる費用

そのお墓を管理しているお寺さんとの新しい窓口となりますので、お墓にかかる「管理費」が必要となります。おおむね5000円~20000円ほどが目安だそうです。※お寺さんによって変わります。

また、管理費のほかにも「お布施」が必要となります。こちらも当然お寺さん次第で変わるため、相場については10000~50000円の範囲での対応になるとのこと。もちろん、お寺さんはもちろん地域性も多様に絡んでくるデリケートなお話でもあります。必ず、ご近所さんや親族にも「どれくらいだったか?」というアンケート取りは忘れないようにしましょう

新しいお墓を作る、または立て直す場合

ここで引き継ぐものの、お墓が古いのでリニューアルしたいとなると別にお金がかかってきます。それが前述した内容に重なってくるものです。

工賃のほか、石の材料などといったものでも変わってきますし、樹木葬を行うなどとすれば、それまでのお墓をどうするのかという問題点も浮上してきます。

お墓を手放す場合

お墓を手放す場合には、それまで利用していたお墓回りを更地に戻す作業が必要となります。その後に管理者つまりお寺さんに返さなければなりません。ここで問題なのがそこにかかる費用ですね。

"離檀料"という費用も必要となってくるんですね。こちらもお布施同様によく確認すべき内容でもあります。お寺さんからしてみれば、ごはんの元にもなる檀家さんが離れていってしまうようなお話にもなってしまいますので、おそらく高い確率で請求してくるのではないかと考えられる内容としてあげられるものになります。

この" 離檀料 "が予想外の出費となるケースもだいぶあるため、必ず情報を集めておかなければなりません。

お墓は後世に残す象徴

終活を行う際には、お墓のこともしっかりと考えておきましょう。お墓の管理=お寺さんとの付き合いとも考えてもおかしくはありません。昔ながらの"付き合い方"をしっかり後に繋げていくのか、または元々つながりなどないのだから、これを機会につながりを作っていくのか。

当然後の人たちもいずれ、終活をしなければならない年齢になります。その時にどうすればよいのか、どのように動き対応していくべきなのかなどは先達の行いから学んでいきます。

「今の時代にはあわない」などという言葉は、"いつの時代にも言われてきた言葉"です。そんな言葉を通り越して、昔ながらのやり方とつながり方をしてきたその象徴が"お墓"であるといっても過言ではないでしょう。

軽く考えず、是非ともこの機会にお墓との付き合い方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

お墓選びの悩みをスッキリ解決!
もしもドットネット


供養も管理もすべてお寺にお任せの天空陵

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」

-終活

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.