"終活とは何か"終活と葬儀、相続に保険。事前にやることは沢山あります。
終活と葬儀、相続に保険。準備は間違いなくできいますか?

"終活とは何か"それは必要になる準備を終わらせておくこと

このサイトにて、終活・葬儀・保険・相続についてすこしでも役に立つならと豆知識としてポイントをまとめています。終活とは何か、ということで近年よく耳にする言葉でもあると思いますが、いまいちわかっていないのに知ったかぶりをしてそのままにされている方がいらっしゃるようです。

基本的な最低限の知識と認識は、終活に限らず何かと必要となりますが自分自身の生き死にからそこに関わるであろうたくさんの人とのつながりを良いものとして残していくためにも必要な活動が終活です。

甘く見ずに専門家に相談することをおすすめしますが、まずは事前知識を備えておくべきともいえます。

ここで、簡単に抑えておける内容は抑えておきましょう。

終活 ←(終活ページにジャンプします)

一般的には終活とは前述した内容の通りです。一昔前であれば、”事前に墓石を購入、用意をしておいて自身の名前を先に掘っておく”などもそれに当たる活動の一つでした。

しかし現在では、事前だって行うべき準備が多くなってしまっています。自身や家族が"死んだときのこと"を考えるだけでなく、"老後、もしくは第三の人生の過ごし方"についても考える必要があるのです。

家族が家に残るがことが当然ではなくなった現在では、"介護"について考える必要があります。介護を受けるのが自分自身であり、息子や娘がやってくれるだろうから。などと楽天的に考えていたら、「冗談じゃない。介護なんて大変すぎるから勘弁してほしい」と言われてしまう。ということもそれこそ”冗談じゃなく、ありうる話”です。

自分のことを振り替えることを忘れてはいけません。自分の家族とちゃんとした相談を忘れてはいけません。「生い先短くなる私のことを叶えてくれるのが、息子というものだろう?」などと息子に言おうものなら、息子にもよると思いますが、怒り出すこともあります。相談する際には必ず、息子だろうと誰であろうと人として尊重したうえで、会話をすることを忘れてはいけません。

”身の振り方”を考えることも、”終活”の意義ともいえるでしょう。家族は関係なしに身の振り方を考えるということは、ありえません。家族もわかるように同意を得たうえで行える内容が”正しい身の振り方”です。

終活を進めることを忘れず、甘くみず、やるべきことを見直しましょう。

定年後設計スクール体験学習会

葬儀 ←(葬儀ページにジャンプします)

「葬儀は死んだその時に」と、さらっと言ってしまう人が意外と多いです。考えておかなきゃねぇ。と言うも、3歩歩いたら忘れてしまい取り組むことすらしない方もとても多いです。

結果、”事前にどうにかできていた問題”を何も解決できていないまま、その時に焦って葬儀社へ連絡。”非常に高い金額”の葬儀を行うことになり、首が回らなくなってしまった。などという話をよく聞きます。

中には、”事前に安く、かつ一般的に送ることができるようにしておく”ことが通例となっている葬儀社に”急な葬儀を頼んでしまった”が故に、金額は高くなり葬儀が大変になってしまう方も。そういった方はその葬儀社を”あそこは詐欺会社だ!”などと怒ったりする場合があります。

論外です。事前にやっておくべきことも面倒くさがって、家族含めて進めておくべき内容なのです。やっておかなかったこと、調べてすらいなかったこと。それらは後々必ずと言ってよいほど自分や家族の首を絞めます。

そんな周りも自身も家族も悪い方向へもっていかないために、終活の一環として葬儀の準備は必要なのです。

【全国対応】ちょうどいいお葬式プランを24時間ご提案「葬儀コンシェル」

保険 ←(保険ページにジャンプします)

保険はそれこそ、”見直し”という形で生活の安心を確保するために進化しているものでもあります。多数の人間で、少しずつお金を出し合っておいていざという時の補填としましょう。というものが保険でもあります。

しかし、なんでもかんでもお金を出せるようになどしていないので、生命保険や医療保険、中には介護保険に年金保険などができているのです。これがずれていると意図していた保証が全く助けてくれないなどということもあり得るのです。

もちろん、考えていた通りという方もいらっしゃいます。問題ないと考えていらっしゃる方も同様の保証に対して保険料が高すぎると感じた方は保険の見直しを進めている場合があります。

保険料を決めているのは、保険会社や共済を取り扱う生協ごとであり内容も微妙に異なります。何かが起きた時に保険金をすぐに出してくれるかどうかなどという点も見直しのポイントとしてあげられています。

サービス力が何よりも見直しのポイントになっているという方もいらっしゃいます。とてもリーズナブルな保険料なんだけど、サービススタッフの対応があまりにも悪いからと保険の見直しを進めている方も少なくはありません。

一度、自身や家族加入している保険は意図しているところや心配しているところに合致しているかどうか見直しをしてみるべきでしょう。

紹介と口コミだけで広がった、ほけんのトータルプロフェッショナル

相続 ←(相続ページにジャンプします)

相続問題は特にやる必要がないという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。その中で、専門に相談して問題は解決させたんだよ。という方はどれだけいらっしゃるのでしょう。相続に対して言えば、5000万以上の財産を持っている方についてはほぼ専門家経由で、問題をなくしてしまっている方がほとんどでしょう。

しかし、同様に特にやる必要がないという方の中で財産は特にないからやる必要がない。と言ってしまっている方いる場合にはその方はすぐにでも専門すなわち税理士などに相談する必要があります。なぜなら、”お金”という「分けることのできるもの」での相続でない場合には家族間で「揉める」原因となり得るのです。

もちろん、ある程度お金があるから大丈夫というわけでもありません。よくあるのが、「兄弟姉妹同士、非常に仲良い家族だから相続で揉めることはない。」と家長が判断しているにも関わらず揉めるケースがあります。何故かといえば、家のお財布に関わる話で、相続権を持つ方の配偶者が「もっともらえるでしょう!?ここで引いてどうするの!」と首を突っ込んでくるからです。

お金のことですから、綺麗汚い関係なくガンガンと足を突っ込んできます。ましてやそのお金があれば、家計が何とかなるかもしれない、楽になるかもしれないと考えれば「頑張らなきゃ」と考えるのが”家族を持つ親の考え”です。

尚のこと、専門家が間に入る必要があります。また、遺言を残しておけばよいよね。とお考えになる方もいますが、それが法にのっとった正式な作られ方をした遺言状でない場合には無効になってしまいます。遺言状も書き方があります。

知ったかぶりでは明らかに足りず、困ったことになるのが”相続”です。甘く見ずに専門の税理士へ相談するべきでしょう。

相続での税理士選びなら税理士ドットコム

専門家。すなわち、プロに相談することのメリット

専門家に相談
困るならいっそ直接プロに聞いてしまうのも手です。

どのジャンルもそれぞれプロが必ずいます。そのプロはいくつものご家庭の事情に寄り添い、最適な内容を提案してくれます。

一般人であれば、そこまでそもそも覚えることが難しい穴場のポイントもうまく使ってくれるところがプロへ相談することのメリットです。なぜなら、そのジャンルについて悩む子羊たちを困ることなく導くことが彼らの”お仕事”だからなのです。

一般人では、そもそもそれだけの知識を詰め込むことは難しいはずです。詰め込むことができるなら、その方はプロになれるのですから。詰め込んだ知識を余すことなく活用し、困った人達のフォローをしてくれるプロに相談しない手はないでしょう。

"終活とは何か"知恵のある人に聞くと早い!

さてそれでは、一般の人間として何をどうすればよいのか。まずこのサイトにて豆知識をある程度頭に入れておくだけでも違います。ですが、それより手っ取り早く動きたい!という方はこの方法を覚えておいてください。

「無料」と書かれている宣伝のものを探して片っ端から「相談」してみること。

もちろん、「どこまで無料なの?」」ということは相談する一番初めに聞いてしまいましょう。この認識がずれてお金が発生したなどと言ったら元も子もありません。

使えるものをうまく使うことが、一番賢いやり方です。

更新日:

Copyright© 終活とは。葬儀、相続と保険の0円相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.